Decided%252520to%252520spend%252520good%

傷跡の修正

傷跡の修正は、顔、手、(動きを損なう)関節など、はっきりと見える傷跡を取り除きたい方の解決法となります。手術は傷跡を目立たなくし、関節の動きを良くし、時には痛みや痒みも改善します。


主なアプローチとして、通常の縫合、皮膚移植、および局所皮弁が含まれます。使用するアプローチは、瘢痕の大きさと位置によって異なります。「新しい」傷跡は手術後もはっきりと見えますが、最初の1〜1.5年間は収縮して色あせ、その後そのまま残ります。

推奨:

  • 事故による傷跡がはっきりと見える方

  • 過去の手術による傷跡がはっきりと見える方

  • 膨らんだ瘢痕、ケロイドによる傷跡がはっきりと見える方

 

手術詳細:

手術法の詳細は、傷跡の特徴に応じて異なります。

 

術後の治療:

  1. 最初の3日間、手術箇所にコールドパックを用います。

  2. 毎日その箇所を清潔にし、縫合糸の除去日まで水との接触を避けます。

  3. 7日目に抜糸をします。傷口を水に触れることが可能になります。

  4. 最初の3か月間は日光にさらさないでください。

  5. 6か月後、腫れは目立たなくなります。

  6. 傷跡は最初の3か月間は目に見えることがあり、その後1年以内に目立たなくなります。

 

考えられる副作用:

悪い副作用の発生する可能性は非常に稀です。