IMG-3135-Facetune-05-12-2021-14-37-18.jpg
医師について
ウムヨット ラッタナーマハッタナ医師

学歴

  • 2007年マヒドン大学医学部シリラート病院 医学博士

  • 2015年マヒドン大学医学部シリラート病院 形成外科および再建外科卒業

 

実務経験

  • サラブリ病院外科にてインターンシップ 2007年から2010年

  • マヒドン大学医学部 シリラート病院にて形成外科及び再建外科に専属 2010年から2015年

  • サミティベート病院(スクンビット)にて形成外科医 2015年から現在

  • メコクリニックにて形成外科医 2016年から現在

 

学会

  • 会員-タイ形成外科医および再建外科医協会

  • 会員-タイ美容整形外科医協会

  • 会員-タイ王立外科医大学

美しさは、適度で安全なものである必要があります。

哲学

現代において、老化との戦い、絶えず変化するトレンドとファッションの世界、そして単に個人的な好みを 追い求める消費者のため、形成外科の人気が急速に高まっています。私たちの外見は、整形手術で完璧にすることができます。整形手術を受けることを選択される方はどなたも、間違いなく完璧で満足のいく結果を期待することでしょう。 しかしながら、特定の場合において制限のある場合もあります。 手術の結果は、以下に依存するものと考えます:

  1. 個々の基本的分析:達成できる/できないことの限界を理解するため、外科医と話し合う必要があります。期待が一致する場合、彼/彼女は最終的な結果をイメージしやすく、次の段階に進むかどうか決める十分な情報を得ることができます。

  2. 複雑な手術アプローチは多くの場合、より単純なアプローチと同等に、または場合によってはさらに多くの望ましい結果をもたらす可能性があります。例えば、オープン法で鼻の手術を行うと、クローズ法よりも現実的な形状が得られることがよくあります。一般にリチド切除術(フェイスリフト手術)は、スレッドリフトよりも効果的で長続きします。しかしこれは、オープン法による鼻の手術やリチド切除術がすべての人にとっての解決策であるという話ではありません。結局のところ、個々の症例は同じではないからです。私の仕事は何が可能かを評価し、各個人に合わせた最適な解決策を提供し、何が達成できるか、そして起こりうる副作用を完全に認識させることです。

  3. 外科医の好み:美しさについては、外科医の間で意見が異なる場合があります。ある外科医は大きなまぶたを持っていることが望ましいと考えるかもしれませんが、別の外科医は小さなまぶたを好むかもしれません。そうなると、これら2人の外科医の間での眼瞼形成術(まぶたのリフト手術)の結果はかなり異なる可能性があります。外科医個人の好みがあなたの好みと一致する場合、予測可能で満足のいく結果が得られるはずです。

  4. 過度の手術(短期間に複数の手術を行う、あるいは過度に大幅な変化を目指す)を行うと、合併症のリスクが生じる可能性があります。外観に望ましくない副作用があり不自然な外観になったり、すぐには明らかにならない問題が発生したりする場合があります。最善のアプローチは、必要なことだけを、適切な量で、外科医が適切と考える方法で施術することです。そうすれば、結果は最も自然で適したものとなることでしょう。

  5. 合併症の可能性:誰も合併症を望んでいませんが、一度発生すると、外科医は患者と状況について話し合い、解決策を提供する必要があります。私はすべての不満を真剣に扱い、それらすべてに対処する必要があります。私は問題を回避して、間違いをなくすためにできる限りのことをします。正すことのできない問題については、すぐに患者へ知らせるようにします。