Blue%20Eyes_edited.jpg

エピカントプラスティ

Epicanthoplasty_edited.jpg

内眼角冗長皮は、目が短く不自然に見え、内眼角が下を向き、眼角間距離が広くなることがあり、これらすべてが視力障害を引き起こす可能性があります。患者はこれらすべての問題に対処するためにエピカントプラスティ術を受けることが可能で、上眼瞼形成術および下眼瞼形成術と同時に施術することもできます。可能性のある副作用の1つに、内眼角周囲の瘢痕(他の部分に比べて敏感になる)や肥厚性瘢痕が含まれます。

推奨:内眼角贅皮のある方

 

手術詳細:

目印を写して麻酔をかけた後、医師は涙点を傷つけないように内眼角皮膚を切り開きます。そして内眼角を再配置し、縫合して切り口を閉じます。

 

術後の治療:

  1. 最初の3日間、手術箇所にコールドパックを用います。

  2. 毎日その箇所を清潔にし、縫合糸の除去日まで水との接触を避けます。

  3. 7日目に抜糸をします。患者は顔を洗い、その後化粧をすることができます。

  4. 最初の3か月間は日光にさらさないでください。

  5. 3〜6か月後、腫れは目立たなくなります。

  6. 小さな傷跡は最初の3か月間は目に見えることもありますが、1年以内に目立たなくなります。

 

変化はどのくらい続きますか?

手術後、小さな傷跡が見えることがあります。 患者は回復期間中、外科医の指示に厳密に従う必要があります。