Cigar_edited_edited_edited.jpg

内視鏡によるブロー(眉)リフト

Endoscopic%20brow%20lift_edited.jpg

内視鏡によるブロー(眉)リフトは、眉リフト手術に使用されるもう1つの手法です。 この方法は、ダイレクトブロー(眉)リフト手術のように垂れた眉を処理するだけでなく、額や眉間のしわを修正したり、ヘアラインに沿って傷や跡を隠したりするのにも効果的です。

推奨:

  • 眉がかなり垂れていて、顔が疲れているように見える方

  • 眼瞼下垂で眉の位置が低すぎる方

  • のしわや眉間のしわのある方額

 

手術詳細:
全身麻酔をした後、医師は手術を行うため術部位に腫脹性の液体を注入します。その後カメラやその他の手術器具を挿入するために、生え際に沿って合計5つの長さ1cmのカットが行われます。最初の段階では、現在眉を引き下げている皮膚を取り除き、額や眉間のしわを引き起こしている筋肉の部分を取り除きます。次に、電気メスで出血を止め、最後に眉を持ち上げて所定の位置に固定し(エンドタインフォアヘッドを使用)、切り口を閉じます。


術後の治療:

  • 最初の3日間、手術箇所にコールドパックを用います。

  • 毎日その箇所を清潔にし、縫合糸の除去日まで水との接触を避けます。

  • 翌1ヶ月間はフェイスマスクを着用します。

  • 7日目に抜糸をします。患者は顔を洗い、その後化粧をすることができます。

  • 最初の3か月間は日光にさらさないでください。

  • 3〜6か月後、腫れは目立たなくなります。

  • 傷跡や痕跡は最初の3か月間は目に見えることがあり、1年以内に徐々に消えていきます。

 

考えられる副作用:
内視鏡によるブロー(眉)リフト技術に副作用が伴うことは滅多にありません。患者は最初の2〜3ヶ月の間に、一時的な頭皮のしびれを感じるかもしれません。

 

変化はどのくらい続きますか?
結果は、個人の年齢、肌のタイプ、ライフスタイルにもよりますが、通常5〜10年続きます。