Helena%E2%80%99s%20portrait_edited.jpg

えくぼ

Dimples.png

えくぼ手術では、頬の皮膚を頬粘膜の皮膚に縫い付け、笑顔でえくぼのみえる外観にします。施術ではえくぼの位置を決めたり、頬の片側でも両側でも対応できます。


手術後、最初の3か月間はえくぼの位置に小さな外傷がありますが、徐々に目立たなくなります。最初の2〜3か月の間、えくぼは常に表れ、その後ゆっくりと消えて、笑顔のときにのみ表れるようになります。縫合糸が緩んだり外れたりして、えくぼが消える可能性があり、その場合は縫合糸を再縫合するためのフォローアップ手術が必要になります。

推奨:

  • えくぼを望まれる方

 

手術詳細:

麻酔をかけた後、医師は頬粘膜の皮膚(約1cm)と頬の皮膚の両方を切り開き、それらを縫い合わせ、止血後、内部の切り口を閉じます。頬の切り傷は自己治癒します。

 

術後の治療:

  1. 毎日、1日4回(朝-昼-夕方-夜)口をすすぐ。

  2. 水との接触は避け、頬の傷跡を毎日きれいにします。3日後には洗顔とメイクが可能です。

  3. 縫合糸は1〜2ヶ月で自己溶解します。

  4. 1か月間は、熱い、味の濃い、または保存食を食べることは避けてください。

  5. 大きく笑ったり、大きな笑顔をつくることは避けてください。縫合糸が外れる可能性があります。

  6. 最初の2〜3か月の間、えくぼは常に表れ、その後ゆっくりと消えて、笑顔のときにのみ表れるようになります。 

  7. えくぼ周辺の傷跡は最初の3か月間、目に見えることがありますが、徐々に目立たなくなります。

 

考えられる副作用:

えくぼ周辺の一時的な傷(前述のとおり)、また縫合糸が緩みえくぼが消えることがあります。

 

変化はどのくらい続きますか?

通常は一生涯続きます。