shallow%20focus%20photo%20of%20woman%20i

クローズ法による鼻形成術

クローズ法による鼻形成術の目標は、より良い鼻筋と鼻尖の形状を実現し、皮膚下に適切な成形シリコンを馴染ませることです。曲がり具合や目立ち具合は、個人の鼻の皮膚の弾力性によって異なります。大きすぎるシリコンを用いると、歪んだ鼻梁の形状をつくったり、下のシリコンが見えたり、突起するなど、将来的に問題の発生する可能性があります。


今では、より目立つ鼻尖を手に入れるために使用される様々な技術があります。軟骨、尾骨組織、腹部組織などを体の他の場所から採取し、シリコンの先端に使用し、余分な張力に耐えるために鼻の先端を厚く/強化することができます。
 

鼻筋に軽度のでこぼこやコブがある方の場合、医師は削って形を整えることを検討するかもしれません。より細い形を望まれる広い鼻筋の方には、医師は手術の一部として骨を切ることも検討するかもしれません。


フィラーを使用されている方の場合、医師はクローズ法による鼻形成術を行うか、オープン法による鼻形成術を行うか検討します。

推奨:

  • より目立つ鼻筋を望まれる方

  • コブ(軽度)

  • 広い鼻筋

 

手術詳細:

手術の前に、医師は患者の鼻筋を基準にシリコンを準備成形します。必要な場合、クローズ法による鼻形成術を始める前に、最初に必要な軟骨または尾骨組織を採取します。右の鼻孔を切り開いて、シリコン片のためのスペースを作り、出血を止め、そしてシリコンを挿入して切り口を閉じます。骨切除を行う場合、両側の目頭付近2mmの長さになります。

 

術後の治療:

  1. 最初の3日間、手術箇所にコールドパックを用います。

  2. 鼻包帯を3日間は使用します。

  3. 毎日その箇所を清潔にし、縫合糸の除去日まで水との接触を避けます。

  4. 鼻の内側の切り込み箇所は、抜糸の必要はありません。 鼻は7日後に水と接触することができます(縫合糸は1〜2ヶ月後、自然に取れます)。

  5. 骨切除部位は1週間後、軟骨または尾骨採取部位は2週間後に抜糸。 傷口は抜糸後に水と触れることができます。

  6. 鼻をほじったり、かむのは避けてください。

  7. 頭をまっすぐにして寝、眼鏡を1か月間着用しないでください。

  8. あざは通常2〜3週間後、腫れは3〜6か月後には目立たなくなります。

 

考えられる副作用:

  • 過度に鼻筋が目立ち、顔立ちが不自然になったり、挿入したシリコン片が見える場合があります。

  • 使用されたシリコンが空間に対して小さすぎ、シリコンが移動することによる鼻のずれが起きることがあります。患者は自身でシリコンの位置を調整するか、問題が発生した場合は医師に相談することができます。

  • 大きすぎるシリコンを使用すると、シリコンが鼻尖や鼻筋から突き出る可能性があります。皮膚が薄くなり、そのまま放置した場合、はみ出てきます。突出の危険性のある主な部分には鼻筋、鼻尖、および鼻孔の内側が含まれます。できるだけ早く医師に相談されることをお勧めします。

  • 鼻の内側の肥厚性瘢痕。まれなケースですが、傷口の周りにステロイドを注射することで治療できます。

  • 不均一な鼻孔。これは手術中の鼻軟骨のずれ、ずさんな傷口の縫合、瘢痕組織の収縮などが原因としてあげられます。対応可能な修正手術については、医師に相談されることをお勧めします。

 

変化はどのくらい続きますか?

激しい脳震盪でもない限り、変化は通常一生続くでしょう。しかしながら、数年後に被膜拘縮を経験し、シリコン片および/あるいは石灰化した被膜(カプセル)が見えるようになってしまう可能性があります。これは、皮膚が比較的薄い高齢者でも起こる可能性があります。