I%2520will%2520be%2520glad%2520informati

あごの増強

私たちの顔の解剖学的構造は、ヘアラインから目、目から鼻、そして鼻からあごの3つの部分に分けることができます。従って、あごは全体的な顔の外観を決定する上で重要な役割を果たします。一般的なケースとして、短いあご、後退したあご、またはその両方があります。あごの増強は、これらの問題を解決するのに役立ちます。

手術の最も重要な要素は使用されるシリコンのサイズと位置、そして手術の切り口です。インプラントのサイズは個人の骨の大きさと形状(下顎の線維軟骨結合)、具体的には幅の広さによって決まります。やりすぎると、塊のようなあごになります。手術の前に、医者は望ましい結果について患者と話し合い、インプラントの位置を決定します。手術中、医師は口の内部に切り込みを入れるか、あごの下の皮膚を切り開くことで対応します。内部に切り込みを入れる方法の場合、瘢痕を防ぐのに良い場合がありますが、あごを長くすることは難しくなります。また、傷口の洗浄はより大変になります。あごの下の皮膚を切り開く場合、最初は小さな傷跡が残る可能性がありますが、非常に柔軟な施術が可能になります。

フィラーをされている方の場合、医師はフィラーを除去して手術をすぐにできるか、または後日手術をするのか判断をします。あごが極端に後退していたり、短い場合は、代わりのあごの手術が推奨される場合もあります。

推奨:

  • より自然なあごを望まれる方

  • 短い、後退した、鈍いあごを直されたい方

 

手術詳細:

手術の前に、医師は患者のあごの形に基づいてインプラントを彫ります。次に、口の内部またはあごの下に切り込みをいれ、シリコン用の空間をつくります。出血が止まり、インプラントが挿入されたら、切り口を閉じます。

 

術後の治療:

  1. 最初の3日間、手術箇所にコールドパックを用います。

  2. あご包帯を3日間着用します。

  3. 内部の切り口の場合は、毎日4回(午前-正午-午後-夜)口をすすぎます。 1〜2か月後に自己消滅するため、抜糸は必要ありません。

  4. あごの下の切り口については、3日目と7日目に傷を治療します。7日目に抜糸します。患者は顔を洗い、その後化粧をすることができます。

  5. 1か月間は、熱い、味の濃い、または保存食を食べることは避けてください。

  6. 腫れは通常、3〜6か月後には目立たなくなります。

  7. あざは2〜3週間後に目立たなくなります。

  8. 傷跡は最初の3か月間、目に見えることがありますが、その後1年以内に目立たなくなります。

 

考えられる副作用:

  • 過度に尖ったあごは不自然に見える場合があり、極端な場合にはインプラント片が見える場合があります。

  • 内部の切り口が適切に洗浄されていないと、感染症を引き起こす可能性があります。

 

変化はどのくらい続きますか?

適切なサイズのインプラントが使用され、あごに大きな影響がないことを前提とすると、変化は永遠に続きます。