A%20sensual%20and%20lovely%20image%20of%

バストリフトによる豊胸

場合によっては、豊胸とバストリフトを同時にされたいと考えられるかもしれません。この手術は単独での施術と比べるとより複雑で、施術前に考慮すべき点があります。


バストリフトと同様に、外科的な切り口は乳輪縁法、バーティカル/ロリポップ法、逆T字/アンカー法の3つの方法があります。最も適切なアプローチはたるみの程度によって異なります。


使用するインプラントの大きさを検討する際には、豊胸手術と同じガイドラインを用います。

推奨:

  • 乳房が小さくたるんでいる方

 

手術詳細:

全身麻酔の後、医師はたるみの程度に応じて描かれたアウトラインに沿って切り開き、たるみの原因となった皮膚を取り除きます。場合によっては乳房組織の一部を取り除き、乳輪の位置と乳房の形状を再配置、そしてインプラント用のポケットをつくり、出血を止め、インプラントを挿入し、ドレーンを挿入後、切り口を閉じます。

 

術後の治療:

  1. 毎日その箇所を清潔にし、縫合糸の除去日まで水との接触を避けます。

  2. 手術後1-2日間はドレーンをそのままにしておきます。

  3. 手術後2か月間はスポーツブラを着用してください。

  4. 14日目に抜糸をします。傷口を水に触れることが可能になります。

  5. 乳房の位置は6か月以内に徐々に安定します。

  6. 傷跡は最初の3か月間は目に見えることがあり、その後1年以内に目立たなくなります。

 

考えられる副作用:

  • 術後に出血のある可能性があり、止血には再手術が必要となります。

  • 瘢痕:肥厚性瘢痕の可能性があります。これは、瘢痕領域にステロイドを注射することで治癒できます。

  • 乳頭のしびれ:ほとんどの場合、しびれは1年後には改善します。

  • 再度、下垂するケースもあります。

  • 目に見える/有形のインプラントの波打ちは、テクスチャード加工されたシリコンまたは大きすぎるシリコンを使用した場合に問題となる可能性があります。解決策は、シリコンのサイズを縮小し、ポケットを拡大し、滑らかなタイプのシリコンと交換するための修正手術を受けることです。これにより、外観を特定のレベルまで改善することができます。

  • インプラントの破れ/漏れ:ただし、最新のインプラントは非常に信頼性が高く、漏れの発生率は年に1%です。

  • 被膜拘縮にはさまざまな程度があり、極端な場合は痛みや乳房の変形を引き起こす可能性があります。修正手術については、外科医にご相談されることをお勧めします。

  • ALCL:研究によると、ALCLは手術の数年後に発生の可能性があります。兆候として、乳房の腫れや目に見える/有形のしこりがあります。治療には、インプラントと被膜(カプセル)の除去が含まれます。重症の場合、放射線療法と化学療法が必要になることがあります。