man%20in%20yellow%20shirt%20and%20brown%

腹部形成

お腹のたるみは、太りすぎの高齢者、出産歴のある方、大幅な減量歴のある方によく見られます。ほとんどの場合、お腹の皮膚は著しくたるみ、時にはお腹の過剰脂肪も一緒にたるむこともあります。お腹のたるみに対する解決法は、脂肪異栄養症の解決法とは異なることに注意が必要です。お腹のたるみの場合、アプローチは余分なお腹と脂肪質の皮膚を取り除くことであり、脂肪吸引も検討するかもしれません。一方で脂肪異栄養症は、過剰なお腹の脂肪だけで、お腹の皮膚や筋肉のたるみはないため、脂肪吸引のみを必要とします。
 

手術後、組織と皮膚が整復するまでの回復期間に3〜6か月かかります。さらに、患者は体重を管理し、問題が再発しないように定期的に運動をする必要があります。

推奨:

  • お腹の過剰脂肪のある/ない腹部のたるみのある方

 

手術詳細:

麻酔後、医師は描かれたアウトラインに沿って切り開き、余分なお腹の皮膚と脂肪を取り除き、おへそを再配置し、お腹の筋肉を固定、止血し、ドレーン挿入後に切り口を閉じます。恥骨の上に長い切り目が残ります。 上腹部と腰の周りの過剰脂肪に対処するため、脂肪吸引を検討することもあります。

  1. 毎日その箇所を清潔にし、縫合糸の除去日まで水との接触を避けます。

  2. 手術後1-2日間はドレーンをそのままにしておきます。

  3. 手術後2か月間はウエストバンドを着用してください。

  4. 病院に3日間入院している間、患者は腰を曲げて仰向けになり、外科的切断部周囲の緊張を和らげる必要があります。3日後に前かがみの姿勢で歩き始めることができ、14日後には正常に歩くことができます。

  5. 14日目に抜糸をします。傷口を水に触れることが可能になります。

  6. お腹の位置は3-6か月以内に徐々に安定します。

  7. 傷跡は最初の3か月間は目に見えることがあり、その後1年以内に目立たなくなります。

 

考えられる副作用:

  • 手術の数週間後、手術創の下にリンパ液がたまることがあります。軽い場合、医師は適切な治療で対処しますが、過度の場合は排液を検討することがあります。

  • 手術創の裂傷、および/または感染:これは太りすぎの患者の方にみられ、傷口を閉じるために再手術が必要となる場合があります。

  • 瘢痕及び肥厚性瘢痕:これは、瘢痕領域にステロイドを注射することで治癒できます。

 

変化はどのくらい続きますか?

変化は個人のライフスタイルやお肌のタイプにもよりますが、約5〜10年続きます。