Old%252520Lady_edited_edited_edited.jpg

下眼瞼形成術

Lower blepharoplasty.jpg

老化の結果として、目の下の筋肉、腱、脂肪が下垂するため、クマが出てくることがあります。これは、しわ、だぶついた下目、涙谷の変形につながり、全体的な顔の外観に疲れや老化、また落ち込んでいるように見えることがあります。より極端な場合では、角膜の下端が見えることもあります。下眼瞼形成術は、これらの問題を軽減または取り除くのに役立ちます。

推奨:

  • 目の下にクマのある方

  • 目の下のしわ

  • 涙谷の変形

  • まつげが角膜に当たり感染症を引き起こす方

  • ドライアイを引き起こす眼瞼外反

 

手術詳細:

麻酔をかけた後、医師は下まつげの下の皮膚を脂肪層まで切り開き、涙谷を調整して、しわに対処します。手術は静脈や動脈が密集した領域で行われるため、手術中の出血を止めるために電気焼灼器が使用されます。患者は除去する余分な皮膚の量を微調整するために、定期的に目と口をしっかり開くよう求められます。最後に切り口を縫合して閉じます。眼瞼外反のある場合(手術前からの、または手術時の短期的な副作用としての)、医師は解消のために外側眼角の皮膚を切り開き固定します。

 

術後の治療:

  1. 最初の3日間、手術箇所にコールドパックを用います。

  2. 毎日その箇所を清潔にし、縫合糸の除去日まで水との接触を避けます。

  3. 7日目に抜糸をします。患者は顔を洗い、その後化粧をすることができます。

  4. 最初の3か月間は日光にさらさないでください。

  5. 3〜6か月後、腫れは目立たなくなります。

  6. あざは2〜3週間後に消えます。

  7. 軽い眼瞼外反(ある場合)は、通常3〜6か月後に目立たなくなります。

 

考えられる副作用:

まぶたの筋肉が比較的弱い方は、手術後に軽度の眼瞼外反となることがありますが、これは3〜6か月後に解消します。眼瞼外反がより明白な場合には、フォローアップ手術が必要となることがあります。

上部眼瞼形成術と同様に、結膜の腫れ(結膜浮腫)が発生する可能性があります。回復期間中は、人工涙液の使用と適切な洗浄をお勧めします。

術後のわずかな内出血により、眼の周囲が暗く見える場合があります。肌の色は、回復期間を通して徐々に元の色に戻ります。

 

変化はどのくらい続きますか?

下眼瞼形成術による変化は、通常5〜10年続き、年齢、肌のタイプ、ライフスタイルに応じて緩み始めます。頬にたるみのある方は、他の方より早くまぶたが緩んでくるかもしれません。