AEnB2Upfw_CgdhNiwzDkZtDJt1Who8nwsVDhbnNX

脂肪吸引

この手術では、医療機器を使用して深層から余分な脂肪を取り除きます。これは乳房、おなか、腰、腕、太ももに対して施術することができます。手術の目的は、対象の部位を縮小して形状を変えることです。この方法は、肌にたるみはなく、脂肪が過剰な人にのみお勧めします。両方伴う方の場合、最良の結果を得るために脂肪吸引術と併せて腹部形成術をお勧めします。


最近では脂肪を除去するための機器にはいくつかの選択肢があり、それぞれに長所と短所があります。機器の種類に関係なく、必要なものだけを取り除くことが重要です。過剰な場合、皮膚にくぼみや波紋ができるリスクがあります。


手術後、腫れの兆候がなくなり、組織と皮膚の位置が落ち着くまでに3〜6か月かかります。余分な脂肪の再蓄積を最小限に抑えるために、患者は定期的に運動し、体重を注意深く見守られることをお勧めします。

推奨:

  • 胸、おなか、腰、背中、腕、太ももの周りに余分な脂肪のある方

 

手術詳細:

全身麻酔の後、手術の必要な部分に局所麻酔をかけ、その周りの皮膚下に腫脹液を注入して脂肪吸引を行い、余分な脂肪を装置で取り除きます。脂肪の量と部位にもよりますが、約2〜3時間かかります。手術後、腫れを最小限に抑えるために伸縮性のあるバンドが用いられます。手術痕は小さな点として表れます。

 

術後の治療:

  1. 毎日その箇所を清潔にし、縫合糸の除去日まで水との接触を避けます。

  2. 手術後2か月間は伸縮性のあるウエストバンドを着用してください。

  3. 7日目に抜糸をします。傷口を水に触れることが可能になります。

  4. 手術部位は3-6か月以内に徐々に安定します。

  5. 傷跡は最初の3か月間は目に見えることがあり、その後1年以内に目立たなくなります。

 

考えられる副作用:

脂肪を取りすぎると皮膚が波打ったり、くぼんだりすることがあります。

 

変化はどのくらい続きますか?

変化は個人のライフスタイルやお肌のタイプにもよりますが、約5〜10年続きます。