woman%20wearing%20red%20lipstick_edited.

唇の縮小

Lip%20reduction_edited.jpg

唇の縮小手術には、上唇と下唇の手術があります。

  • 上唇を施術すると唇の厚みが薄くなり、輪郭が大きくなることがあります。この施術は唇の薄い方で見栄えを良くしたい方や、唇の厚みを薄くしたい方におすすめです。

  • 下唇の施術は唇を薄くするだけで、唇の形を変えることはできません。

手術前に医師は、手術を行うのに十分な唇組織を持っているかどうかを判断します。唇の組織を過度に取り除くと(または唇が最初から非常に薄い場合)、唇が薄く見えすぎたり、唇が適切に閉じることができない、または笑顔で歯茎が過度に露出する可能性があります。必要な唇組織の一部が存在しない場合、こういった問題を解決することは非常に難しいです。

推奨:

  • 唇は厚くないが、より形を整えたい方

  • 厚い唇を薄くされたい方

  • 垂れ下がった下唇の修正

手術詳細:

麻酔をかけた後、医師はハイライトした輪郭に沿って唇の皮膚を切り、出血を止め、切り口を閉じます。

術後の治療:

  1. 最初の3日間、手術箇所にコールドパックを用います。

  2. 毎日その箇所を清潔にし、縫合糸の除去日まで水との接触を避けます。

  3. 7日目に抜糸をします。患者は顔を洗い、その後化粧をすることができます。

  4. 腫れは通常、3〜6か月後には目立たなくなります。

  5. 1か月間は、熱い、味の濃い、または保存食を食べることは避けてください。

  6. 抜糸後3か月間は傷口のマッサージを続け、内部の傷跡に伴って唇に張りがでる可能性を減らします。

  7. 患者は手術後すぐに口を完全に開けることができないかもしれませんが、3〜6ヶ月以内に回復します。

 

考えられる副作用:

  • 最初は内部の傷跡によって唇が締まる可能性がありますが、これは医師の指示に従って創傷をマッサージし続けることで回避できます。

  • 唇が薄い方の場合、手術によって唇がさらに薄く見えることがあります。

  • 唇が薄くなるので、笑顔で歯茎が露出しやすくなることがあります。

 

変化はどのくらい続きますか?

変化は永遠に続きます。 また、年齢とともに唇が自然に薄くなることにも注意する必要があります。