Nicaragua%20Girl_edited.jpg

頬脂肪除去

Buccal fat removal.png

頬脂肪は、頬粘膜と外層の頬の皮膚間の脂肪層です。太り気味の方は頬脂肪が過剰になることが多く、顔が丸くなります。手術はこれらの余分な脂肪を取り除き、顔をスリムに見せます。頬脂肪を頬と間違えられる方もおられるため、その場合は別の外科的アプローチが必要となります。そのため、まずは外科医に相談され、どういったアプローチが最適か確認されることをお勧めします。

推奨:

  • 医師が頬脂肪過剰であると判断した方

 

手術詳細:

麻酔をかけた後、医師は頬粘膜の皮膚(約2cm)を切り開き、余分な頬脂肪を除去します。

 

術後の治療:

  1. 毎日、1日4回(朝-昼-夕方-夜)口をすすぐ。

  2. フェイスマスクを48時間着用します。

  3. 縫合糸は1〜2ヶ月で自己溶解します。

  4. 1か月間は、熱い、味の濃い、または保存食を食べることは避けてください。

  5. 頬の腫れは3ヶ月後、徐々に消えていきます。

 

考えられる副作用:

副作用のある症例はほとんどありません。 稀に標準的なケアを必要とする軽度の頬粘膜出血のある方がおられます。出血が多い場合は、血栓を取り除く手術を検討することがあります。

 

変化はどのくらい続きますか?

手術後、体重が増えると頬脂肪も増える可能性があることに注意する必要があります。