Girl%20in%20a%20Sky%20Pool_edited.jpg

豊胸

豊胸手術の目的は、乳房を大きくすることです。手術を受けられる前に考慮すべき重要なポイントは次のとおりです。

  1. 外科的切開部には、腋窩、乳輪周囲、乳房下の溝、3つの可能な箇所があります。

    • 腋窩:利点は乳房領域に切り傷のないことです。伝統的にこのアプローチは、インプラント用の対称的なポケットの作成、止血をより難しくする特徴があります。しかし内視鏡装置を使用すると、より簡単に施術することができるため、より望ましい結果が得られます。

    • 乳輪周囲:瘢痕は乳輪の周りに隠れます。このアプローチでは、大きなサイズのシリコンを挿入することはできません。また一部の研究では、このアプローチでは将来的に被膜拘縮しやすいことがわかっています。

    • 乳房下の溝:開口部づくりとシリコン挿入が容易なため、これは最も実践的な方法です。また、医師は出血を非常に迅速に止めることができます。

  2. インプラントを挿入可能な層が3つあります。

    • 腺下:この方法は他の方法に比べて比較的簡単で、自然に見える結果が得られます。しかし他のアプローチよりも、被膜拘縮を起こしやすい傾向があります。この方法はシリコンの波打ちが見えて、自然に見えない可能性があるため、非常に細い方にはお勧めできません。

    • サブフェイシャル:この方法も比較的単純なアプローチであり、回復時間はほとんど必要ありません。被膜拘縮のリスクを低く抑えながら、結果は自然なものになります。しかしこのアプローチはシリコンの波打ちが見えることから、痩せた方にはお勧めできません。

    • デュアルプレーン:このアプローチは各人の形状や体格に制限されず、被膜拘縮のリスクは低くなります。欠点として、他のアプローチと比較して、手術後の出血や痛みが増える可能性があることです。さらに、乳房の形が整えられるまでに時間がかかる場合があります。胸筋が強く定期的な運動をしている方の場合、動きの間にインプラントが移動する可能性があります。

  3. インプラントの形状は、ラウンド型とティアドロップ型の2種類に分類できます。

    • ラウンド型:丸い形のインプラントは、平らな乳房の方、または乳房の上部をより目立たせたい方に推奨されます。

    • ティアドロップ型:インプラントの上半分は比較的平らになり、自然な外観を維持したい、乳房の上部をより目立たせたくない方に適しています。

    • 臨床試験においては、これら2つのインプラントの外観に有意差はないと結論付けることができます。 ティアドロップ型のアプローチでは、インプラントが時間の経過とともに動いたり回転したりして、乳房の外観を歪めることがあります。今日では重力に合わせて自己調整するティアドロップ型のインプラントもあり、動くリスクを低減します。

  4. インプラントの高さは、低、中、高、非常に高に分類できます。医師は患者が望む乳房の形状と、もっている乳房組織の量に応じて、最も適切な高さを選択します(乳房組織が多いほど、シリコンを高くすることができます)。適切なインプラントサイズを決定するために、医師はまず各人の希望する乳房の形を決め、乳房の幅を測定する必要があります。 インプラントのサイズについては、サイズ自体が考慮すべき唯一の点だと思われがちですが、誤解がいくつかあります。過度に大きなインプラントを使用すると、不自然な乳房、傾斜した乳房、目に見える/有形のインプラント片、乳首の周りのしびれ、首や背中の痛みなどの合併症を引き起こす可能性があります。

  5. インプラントの表面には、滑らかなタイプとテクスチャーのあるタイプの2種類があります。

    • 滑らかなタイプ:このタイプのインプラントは、目に見える/有形のインプラント片は出にくいですが、腺下に挿入する場合、被膜拘縮をより引き起こす可能性があります。また、長期的にはボトミングアウト(乳首の下の乳房組織が伸び、乳房が不均衡な状態となり、テクスチャ―のあるタイプを使用した場合と比べて乳首が高く浮いたように見えます)になることがあります。

    • テクスチャーのあるタイプ:テクスチャード加工されたインプラントは、被膜拘縮する可能性が低くなります。ただし目に見える/有形のインプラント片の出る可能性は高く、テクスチャーの程度によっては、未分化大細胞型リンパ腫(ALCL)のリスクが高くなります。マクロテクスチャーはマイクロナノテクスチャーよりもALCLになりやすい傾向があります。滑らかなタイプのインプラント使用については、ALCLの発症に関連する証拠は示されていません。

  6. シリコンのしわに触れる機会を減らし、胸をより自然に見せるため、胸に脂肪を注入することがあります。これは腺下またサブフェイシャルに挿入される場合、高さのあるシリコンを挿入される場合に用いられます。注入する脂肪は、主にお腹、太もも、お尻から吸引します。

 

手術を成功させ、合併症を最小限に抑えるためには考慮すべきいくつかの点があります。その為、手術に同意される前、医師に詳細についてご相談されることをお勧めします。

推奨:

  • 乳房の肥大に関心のある方

 

手術詳細:

全身麻酔を適用後、医師は組織を切り開いてインプラント用のポケットをつくり、出血を完全に止めてからインプラントを挿入します。ドレーンチューブを装着し、最後に切り口を閉じます。

 

術後の治療:

  1. 毎日その箇所を清潔にし、縫合糸の除去日まで水との接触を避けます。

  2. 手術後1-2日間はドレーンをそのままにしておきます。

  3. ドレーンチューブの取り外し後、2か月間はスポーツブラを着用します。

  4. 7日目に抜糸をします。傷口を水に触れることが可能になります。

  5. 乳房の位置は6か月以内に徐々に安定します。

  6. 傷跡は最初の3か月間は目に見えることがあり、その後1年以内に消えていきます。

 

考えられる副作用:

  • 術後に出血のある可能性があり、止血には再手術が必要となります。

  • 肥厚性瘢痕のリスクがある可能性があります。これは、瘢痕領域にステロイドを注射することで治癒できます。

  • 患者は乳頭のしびれを経験する可能性があり、それは最初の1年以内に改善します。ただし、乳首が永久に麻痺したままになる可能性は約15%です。

  • 目に見える/有形のインプラントの波打ちは、テクスチャード加工されたシリコンまたは大きすぎるシリコンを使用した場合に問題となる可能性があります。解決策は、シリコンのサイズを縮小し、ポケットを拡大し、滑らかなタイプのシリコンと交換するための修正手術を受けることです。これにより、外観を特定のレベルまで改善することができます。

  • インプラントの破れ/漏れ:ただし、最新のインプラントは非常に信頼性が高く、漏れの発生率は年に1%です。

  • 被膜拘縮にはさまざまな程度があり、極端な場合は痛みや乳房の変形を引き起こす可能性があります。修正手術については、医師にご相談されることをお勧めします。

  • ALCL:研究によると、ALCLは手術の数年後に発生の可能性があります。兆候として、乳房の腫れや目に見える/有形のしこりがあります。治療には、インプラントと被膜(カプセル)の除去が含まれます。重症の場合、放射線療法と化学療法が必要になることがあります。